まずは自分を知ろう!

むし歯も歯槽膿漏(歯周炎)も感染症(細菌が感染して引き起こす病気)です。従って、個人の口の中に潜んでいるむし歯や歯周炎の病原菌の数とそれに対する全身の抵抗力の強さのバランス、また日々の食生活や口の中のお手入れの程度によって病気にかかるかどうかが決まるのです。
そのため、まずは自分の口の中の細菌の数、抗菌作用および口の中の酸性を中和する作用を持つ唾液がどのくらい抵抗力を持っているかを調べることが必要になってきます。

また、年齢に対する歯槽骨(歯の周りの骨)の量をレントゲン写真で確認することによって、これからの骨の減り方を予測することもできます。
このようにまずは自分を知ることによって、最も効果的な治療メニューを立てて、実践治療していくことが健康への最短の道となるのです。

1.レントゲン写真撮影

dect_1レントゲンを使用して歯や歯の内部、歯肉、骨などに 異常が無いか確認します。
治療後にきちんと治っているかどうかの比較をすることが重要です。

 

 

 

2.口腔内撮影

dect_3肉眼で歯や歯肉に異常がないか確認します。

治療後にきちんと治っているかどうかの比較をすることが重要です

 

 

 

 

 

3.サリバテスト

daekikensa だ液を採取して培養槽で培養し、むし歯や歯周病の原因菌がどのくらいいるか検査します。

 

 

 

 

 

4.カリオグラム

kario様々な科学的な診査を行い、あなたのお口のムシ歯に対する抵抗力を診断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科むし歯予防のお問い合わせ TEL 0553-23-4455

PAGETOP
Copyright © はやかわ歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.